このページの先頭です

title

ここから本文です
  1. HOME
  2. 採用情報
  3. 先輩の声

先輩の声

楽しむこと一人よりみんなで達成感を味わうこと

平居 健太

キャリアアップ記録

調理学校卒業後、車・有楽町店に就職
初めての就職先、車・有楽町店でキッチンからのスタート。初の就職での緊張感はありましたが、学校で習ったことやアルバイトでの調理経験を活かしながら、イメージ通りの仕事が出来ました。ランチもディナーも常に忙しい有楽町店で一年間経験を積み、焼師の資格を得られてとても順調な一年だったと思います。
車・新宿店に転勤
初のホールデビュー。新たに接客という仕事が加わり、店舗の二番手としてステップアップすることになりました。人間関係や人をまとめる事に苦戦しながらも仕入れ、売り上げの管理、人財育成の難しさを痛感しました。一番戻りたくない時期ですね。(笑)
車・恵比寿店にて主任に昇格
主任試験に2回落ちました。不合格の原因は完全な準備不足。この時の失敗を絶対繰り返さないようにと3回目は入念な準備を心掛け万全な態勢で挑みました。合格を頂いた時は本当に嬉しかったのを覚えています。準備すること、気持ちを強く持つことの大切さを学びました。
副店長へ昇格したものの退職、そして復帰
「ゆくゆくは店長になりたい」という思いの強かった分、一歩を踏み出せた嬉しさを覚えています。それからは他店舗の社員との交流が深まり商品部での仕事も増え、人財管理や新メニューの開発に携わるなど、仕事に対するやりがいがさらに大きくなりました。その後、一度諸事情により退職。アルバイトとして勤務していましたが、またやる気がふつふつと湧いてきて正社員として戻ってきました。いまは上級主任を任せていただき店長を目指して精進しています。
Q&A

入社の動機・決め手は何ですか?

ハローワークの求人で見つけました。すぐに会社のホームページで経営理念や社風を見て「イデアなら自由に仕事、調理が出来るんじゃないか」って思いました。味、盛り付け、お皿など、自分で考え自分で実行出来るお店。そんな飲食店で働きたかったので、ホームページを見た時はまさに探していたイメージにぴったりな会社だ!と入社を決めるきっかけになりました。

仕事をしている上で大切にしていることは?

一緒に働いているキャストがどれだけ楽しんで仕事が出来るか。それにはコミュニケーションを通じて雰囲気の良い職場、環境をつくることが大事。毎日必ず働いているキャストと会話することを心掛け、アルバイト、社員関わらず雰囲気や体調に気を配っています。

社風や職場の雰囲気は?

他店舗との交流が多く、社員同士でも飲みに行ったり、花見や釣りに行ったり。社員同士のコミュニケーションはとても活発で、何でも言い合える雰囲気が良いと思います。自分の店舗や他の店舗のアルバイトの子たちがお客様として来てくれます。働いているお店に食べに行こうと思ってくれるってすごく嬉しいことですね。

現在の仕事内容は?

主にキッチンを担当しています。商品部としても新商品の開発やレシピ管理、味の調整なども行っていますので、他店舗に足を運んでキャストと協力して微調整を行ったりもしています。焼場の講師も任せていただいているので、新人キャストの焼場講習に全店駆け回る事もあります。

どんな時にやりがいを感じますか?

お店のピーク時の超繁忙期を上手くこなせた時や、いままで自分で上手く出来なかったことが出来た時は「おぉ、成長出来たかな♪」って嬉しくなりますね。でも、教えても出来なかった事を部下やアルバイトの子たちが出来るようになった瞬間がやっぱり一番やりがいを感じます。一人より二人、二人より三人とよりたくさんの人たちと一緒に共感して、成長して、喜び合える環境が何より好きです。個性は違ってもみんながまとまって同じ目標に向かって働く。そうやってまとまった瞬間は本当に気持ちがいいし、それを積み重ねてみんなで成長出来たときはこの仕事をやっていて良かったなと思います。

どんな人と一緒に働きたいですか?

自分と考え方の違う人はとても勉強になります。自分とは違う考え、違う行動を見て、良くも悪くもそんな考え方があるんだって新しい発見があるので、自分の考えを持った面白い人は大歓迎です。あとは向上心と協調性のある人が好きですね。和を大切にみんなで一緒に仕事を楽しめる空間を作っていきたいです。

未経験でも夢を叶えるステージは必ずある。笑顔で帰ってくれるお客さんと、育てた社員の成長を見る事ができるのがすごく嬉しい。

藤井 孝志

キャリアアップ記録

調理担当で車・江坂店に配属される
入社後半年したら独立しようと思っていましたが、半年後、えびす橋店へ異動することに。2年後主任試験に挑戦することに。思った様な料理が出せず不合格。悔しさから猛特訓の末2ヶ月後に再挑戦し、主任の座を手に入れました。
上級主任へとスピード昇格し、最繁忙店へ異動
主任の3ヶ月後に上級主任に昇格し、大阪で一番の繁忙店舗・梅田店へ異動することになったのですが、当時の梅田店キャストからストライキの様な反発があり、当初は困惑しました。それでも店舗キャストたちと真摯に向き合い、店舗にとってマイナスになること、プラスになることをはっきりと伝え続けました。その姿勢に合わないと感じてやめるキャストもいましたよ。
店長に昇格後、途端に売り上げが下がり出す
店長代理を任され、半年後には店長に。数字を意識した営業を追求していった結果、たどり着いたのはやはり一緒に働いてくれるキャストの存在です。こまめな面談や飲み会などでコミュニケーションと親睦を深め、売り上げも次第に右肩上がりになりました。
大阪キタ・エリアのマネージャーに
梅田店での成功事例を共有するため他店長たちと積極的にコミュニケーションを取り、各店舗の料理・内装・人事状態の把握をしながら全体を統括する更に大きな役割を担うようになりました。また営業以外の部分にも目を配り、細部にまで目を行き届かせることでバランスよく店舗の美観を整えていくことができました。
関西営業部長に就任
車・梅田店の店長を兼任し、ベテラン社員から未来を担う新人社員まで幅広い人財育成に注力しながら、共に目標を掲げ成長を促し合える社内関係の構築を目指しています。
Q&A

入社の動機・決め手は何ですか?

前職は建築関係の現場管理だったので調理経験は全くありませんでした。ただ飲食業界で独立したいという気持ちはずっと強くあって。知人から「車は美味しい」と評判が良かったので、実はレシピを覚えたら半年程度で辞めてやろうと思っていたんです(笑)。そこから本気になったきっかけは入社して早々にある「焼場試験」に落ちたこと。まずこの試験に受からないと、お客様に焼物はお出しできません。「簡単そうに見えたのに、何がアカンねん」と不合格の悔しさも原動力になって、一気に仕事に熱が入るようになりました。

仕事をしている上で大切にしていることは?

会社の利益はやはり所属している者として常に意識しています。ただその利益って当たり前だけど「人」あってこそなんですよね。人と人とのつながりは仕事をする上でとても大事。だからキャスト一人一人とも必ず言葉を交わします。髪型の変化に気づいたら声をかけたり、何でもいいんです。大事なのは「誰かが気にかけてくれている」という意識を持ってもらうこと。そうすることで安心感が生まれ、良い関係を築きやすくなりますから。お客様に満足してもらう為には、スピード・料理の質に対する価格が期待以上でないといけません。それはスタッフたちの演出力にかかっていると僕は思う。特に梅田店では他店舗と違ってオープンキッチンのカウンター席がないので、時間が許す限りお客様へ一言かけるように配慮していますね。

社風や職場の雰囲気は?

今は僕の意見が強すぎる場面も多いです。でもそれは、「どうすれば良くなっていくか」を一緒に考えたい気持ちが強いから。厳しく言う人間もいるけれど、僕を含めみんな基本的に仲間意識が強く「どんなことでも力になるので相談して欲しい」「向上心のあるキャスト一人一人にチャレンジする場を提供したい」と願う熱い人間ばかりです。ピーク時には声をかけあって動ける様なそれぞれの個性は大切に、でも団結力はしっかりある職場・会社です。

現在の仕事内容は?

基本業務は店舗マネジメント・人財育成ですが、僕が重点を置いているのはいかに0(真新しいアイデア)から1(会社を良くする方法)を生み出せるかということ。普段から知識の幅を広げるために本を読んだり、人から話を聞いたりと新しいアイデアがいつでも得られるように心掛けています。思いついたアイデアはとにかく仕事で実践。うまくいけば他の店舗へ応用。それが全店のマネジメント、人を育てる技術の向上へ繋がっています。

どんな時にやりがいを感じますか?

仕事を通じてあらゆる人たちの人生に触れ、様々な関係を築けることにとてもやりがいを感じますね。特に後輩キャストたちのライフステージの変化やそれに伴う成長を感じた時はとても嬉しい。常に未来を見ているキャストはしっかりとサポートしたいです。

どんな人と一緒に働きたいですか?

夢を持っている人と働きたい。料理が上手くなりたい、接客のプロになりたい、将来お店を持ちたい…どんな夢でも良いです。夢を持って欲しい。もしも今夢がなければ「どんな自分になりたいか」をイデアで一緒に見つけましょう。夢を見つけ、夢を叶えられるステージがイデアにはあります。男性が多い企業ですが、もちろん女性も活躍できます!胸を張ってイデアに来てください!

食で大切なのはコミュニケーション。仲間もお客様も笑かしたら勝ち。一緒に悩んだり、楽しんだりして働きたい。

浅川 和彦

キャリアアップ記録

とり神楽・淀屋橋店へ配属
前職(和食関係)での調理経験を活かし、早く焼き場に立ちたいと思いながら多忙な日々を過ごしていました。
最難関の主任試験に不合格
車・戎橋店/江坂店/梅田店と複数店舗での営業経験を活かし、社内コンぺ「もも焼きコンテスト」で見事優勝を飾りました。自信をつけ最難関といわれる昇進の第一歩・主任試験にチャレンジしたものの、ここでまさかの不合格。準備が足りず、落ち着きを失ったゆえの結果でした。
鉄板業態へ店長代理として抜擢
何が悪かったのかしっかりと見直し、再び主任試験のチャンスをもらい見事合格。その後店舗での経験やタイミングもあって、かんろ・天六店の店長代理へ昇格しました。鶏業態から鉄板業態への抜擢で初めて経験することが多い中、カウンター接客でお客様との距離が縮まることでコミュニケーションの楽しさに改めて気づきました。
店長に昇格
店長代理から半年で晴れてかんろ天六店の店長に。カウンター接客で身につけた経験で対応力も柔軟になったと思います。様々な鉄板メニューを振る舞いながら、カウンター接客と料理の楽しさ・厳しさを日々学んでいます。
Q&A

入社の動機・決め手は何ですか?

一番の決め手は福利厚生。前職も飲食業でしたが、個人事業だったので、各種保険・厚生年金などの制度が整っているイデアは魅力的でした。そういったベースがしっかりしている会社だと家族も安心ですし、休みも充実していたので、仕事とのバランスがとれそうだなと思いました。

仕事をしている上で大切にしていることは?

食も人間関係もコミュニケーションが重要です。かんろ・天六店はイデアの中でも特に小規模な店舗なので、スタッフ各々の雰囲気もすぐお客様へ伝わってしまいます。だから日々良い気分を保つこともとても大事。気分を上げて自分も楽しみながら、お客様にはもっと楽しんでもらえるようにご予約リストに目を通し、過去に来店記録のある方の料理や席配置などの好みをチェックしてからその日の営業に臨みます。すべては楽しんでもらうため。せっかく来てくれるのだから、ここでの食事をいい思い出にしてほしいですよね。お客様を笑かしたら勝ちと思っています(笑)

社風や職場の雰囲気は?

店長たちとは業態や店舗問わず仲が良いです。一緒に飲みにも行きますし、意見交換もします。アットホームな雰囲気が楽しいですね。その中でも特にエリアを取りまとめるマネージャー(現・藤井部長)の存在は大きい。僕が主任試験を受ける時旅行中だったのにも関わらず急遽戻ってきて励ましてくれたんです。それで緊張が解けたのは大きかった。すごく感謝しています。今でもよく怒られますが、営業のアドバイスや励ましの言葉をもらう事も多く身が引き締まりますね。オーナーとの距離も近いですから意思疎通もしやすいです。

現在の仕事内容は?

日々の営業計画や人員配置など、予約状況にあわせてスケジュールを立てます。特に鉄板業態は旬の野菜や肉・魚を使った新メニューの開発は随時行わなければいけません。新鮮な旬の食材を楽しんでいただきたいので、材料はその日に市場へ仕入れに行くことが多いです。元気がないスタッフがいたらフォローしたり、店長として楽しい雰囲気作りも心がけています。

どんな時にやりがいを感じますか?

お客様からのリクエストや自分のお勧めしたものが、そのお客様の好みにぴったりとマッチした時。心が通じ合う瞬間の嬉しさを共有しやすいのも調理中にコミュニケーションをとれるカウンター接客ならではです。お客様と接する時間も長いですから、愛着を持ってリピートしてくださる方が非常に多いのは嬉しいですね。あとは人一倍怒られることが多かったので、成長が認められた時の喜びは店長になった今も変わりません。

どんな人と一緒に働きたいですか?

かんろでは旬の食材で創作的な料理をつくるので、好奇心旺盛な人だと楽しいと思います。あとは人が好きで、人の気持ちを汲み取りながら一歩先を見て動ける人。鶏業態から鉄板業態、自分の環境が変わり責任が大きくなればなるほど緊張感も高まり、正直不安もありました。でもかんろ(イデア)には「新しい挑戦」を促し、「やりたいことをやる」を可能にしてくれる場があった。飲食をやるからには、いろんなことに興味を持って挑戦し、スキルアップを目指して欲しいです。一緒に悩んだり楽しんだりしながら働きたいですね。

すぐには結果が出なくても、やり続ける事で達成出来た時、それを共感した時が一番の幸せ。

永野 正敏

キャリアアップ記録

車・丸の内店でホールデビュー
ランチはホールにて接客を行い、ディナーではキッチンを担当することになりました。調理経験は無く、包丁を握ったことすら無いところからのスタート。前職のスーパー業務ではカッターを使っていたので、キッチン業務は全くの素人。忙しい店舗での経験は毎日が新鮮でした。
車・丸の内店で主任へ昇格
調理への苦手意識を克服するため、試験前は店長、先輩の付き添いのもと日夜店舗に残り練習を重ねました。その甲斐あり主任試験では、緊張しながらも一品一品を丁寧に仕上げることを心掛け、結果は一発合格!嬉しさと店長・先輩への感謝の気持ちでいっぱいでした。
車・恵比寿店の店長に抜擢
当時25歳での店長抜擢は自分にとって思い出です。自分だけでなく次の店長へ継続、共有出来る環境をつくらなくては、と責任を大きく感じました。丸の内店とは異なり34席と小型の恵比寿店は、ご新規様よりも常連様が多く来店頻度の高いお客様ばかり。いつも新鮮な気持ちで楽しんでいただける飽きのこないお店づくりのために自分に何が出来るか、自分にしか出来ないサービス、自分ならではのおもてなしを常に考えながら、店長として一日一日の売り上げを生み出す苦労を体感しました。
現車・渋谷南口店へ異動
売上が下がり、キャストとのコミュニケーションもうまくいかず、異動したての時は思った以上に苦労の連続でした。結果として、店長としての自身の発言、行動を見直し、人財育成の重要さを痛感しました。そこからは、キャストの誕生日をお祝いしたり、毎日コミュニケーションを取り、キャスト一人一人の性格や個性を知ることで信頼関係が築けるようになりました。今ではそれを元に任せる仕事を決められ、心強いです。
Q&A

入社の動機・決め手は何ですか?

もともと地元・山口県のスーパーに勤務していましたが、大阪か東京へ行きたいという気持ちがだんだん大きくなりました。スーパーということで、食に関係のある仕事が良いなと思っていたところハローワークでイデアの求人を見つけました。面接で東京に行くことになった際店舗を見学させてくださったのもそうですが、入社するにあたっての家探し、移住の手続きも手伝ってくださり、懇切丁寧でとても親身な会社だと思い入社を決めました。

仕事をしている上で大切にしていることは?

どれだけ多くキャスト一人一人とコミュニケーションを取れるかです。コミュニケーションを取ることで良いことも悪いことも見えてきますし、そこから問題点や解決案も見えてきます。一人の小さい問題でも一緒に共感、解決、改善する事で達成感や成長が共有出来ます。お店で働く全員が気持ちよく働ける環境を作る。それが出来ることでお客様へのサービスも格段に良くなります。みんなが明るく楽しめる職場にしたいと思っています。

社風や職場の雰囲気は?

キャスト一人一人にその日の目標、課題を設定することで達成を促す職場です。目標、達成感、成長の喜びを共有することで笑顔が増え、良い雰囲気作りになっています。会社としては、イデアならではのこだわり、オリジナリティに感心しました。イデア・オーナーとの距離も近く、お酒を飲みながら会話することもあるのですが、何気ない会話の中のオーナーの発言から勉強することも多々あります。

現在の仕事内容は?

ホール業務がメインですが、営業前の準備にはホームページやWEB媒体の編集、販促イベントやメルマガ配信など、集客を念頭に時間を使います。余裕を持ってお客様をお迎えすることが大事なので、キッチンでの調理業務や任せられる仕事は適材適所でキャストに任せることで、効率良くお客様をお迎えする準備も整えます。営業中も新人アルバイト教育などを行いながら、客観的な目線を持ってお店を統括・運営しています。

どんな時にやりがいを感じますか?

一番は「ありがとう」と言ってもらえた時。お客様からの「ありがとう」「楽しかった」という言葉を聞くと疲れも吹っ飛びますね。サービスや販促を行って、自分のイメージした通りにお客様の喜ぶ姿を見たとき、すぐには結果が出なくてもやり続ける事で売上や目標が達成できたとき、そしてそれをキャスト全員と共有できたときの喜びは一塩です。

どんな人と一緒に働きたいですか?

ポジティブな人。忙しい時にこそ笑顔、大変な時にこそ仕事を楽しめる人と一緒に働ければ良いですね。和を大切にしながら一緒に目標や成長を共有し、仕事を楽しめる空間を作っていきましょう。